町長選挙

泊村長選挙2020開票結果速報と当選者!候補者の公約や情勢-1月12日

2020年1月12日(日)は、
泊村長選挙が行われます。

任期満了に伴う選挙で、候補者は2人。

泊村の村長選挙に立候補したのは
いずれも無所属で新人の
高橋鉄徳氏三浦光博氏です。

泊村長選挙の投開票結果速報と、
情勢や当選者の評判などをお伝えします!

泊村長選挙2020の概要・日程

告示日 2020年1月7日 投票率 85.43% 定数/候補者数 1 / 2
投票日 2020年1月12日 前回投票率 87.31% 事由 任期満了

投票日:2020年1月12日
■有権者数(人):1,414人(2019年4月)
■執行理由:任期満了
■定数:1
■候補者数:2
■投票率(%):85.43%

⇒泊村長選挙2020日程と予想!立候補者の情勢と公約・政策、評判まとめ

泊村長選挙2020結果速報 開票・得票と当選者は

No 結果 氏名 年齢 性別 推薦 新旧 得票
1 髙橋 鉄徳(タカハシ テツノリ) 49 705票
2 三浦 光博(ミウラ ミツヒロ) 68 472票

 

泊村長選挙2020票と当選者の公約や情勢・評判

髙橋 鉄徳(タカハシ テツノリ)氏

【年齢】49歳
【出生地】-
【学歴】札幌学院大学
【前職】元村建設水道課長
【所属政党】無所属
【公約・政策】
「村民の意見を聞きながら漁業を推進させるための
より多くの支援をしていく」と熱弁
・地場産業の活性化
・原発の再稼働は容認

三浦 光博(ミウラ ミツヒロ)氏

【年齢】68歳
【出生地】-
【学歴】小樽桜陽高校
【前職】元村議会議員 、コンサルタント事務所顧問
【所属政党】無所属
【公約・政策】
「安心して暮らせる村にしたい、
村民が望む福祉政策をやりたい」と熱弁。
・原発の再稼働は容認

泊村長選挙2020選挙戦情勢と争点

泊村にある北海道電力泊原発の再稼働を巡って、
現在、原子力規制委員会による安全審査が
大詰めを迎えているが、

今回の泊村長選挙では、
両氏ともに原発容認の考えを示していて
原発再稼働問題は争点にはなっていない。

直近の問題点として、
高齢化や人口減少の歯止めがかからない状況で
村の活性化にどう取り組むか、
基幹産業の漁業の振興策などが
選挙戦の争点となっています。