町長選挙

大刀洗町長選挙2020当選結果速報!投開票と立候補者の公約や情勢

2020年1月19日(日)は、
大刀洗町長選挙2020(福岡)が行われます。

任期満了に伴う選挙で、候補者は3人。

新人で元副町長の中山哲志氏に対し、
同じく新人の矢野孝一氏平田利治氏
三つ巴の戦いです。

大刀洗町長選挙2020の結果速報と投開票、
当選者の得票や情勢をお伝えします!

大刀洗町長選挙2020概要の日程

告示日 2020年1月14日 投票率 59.5 % 定数/候補者数 1 / 3
投票日 2020年1月19日 前回投票率 ー % 事由 任期満了

投票日:2020年1月19日
■有権者数(人):12,689
■執行理由:任期満了
■定数:1
■候補者数:3
■投票率(%):投票結果待機中

大刀洗町長選挙2020結果速報 開票・得票と当選者は

No 結果 氏名 得票数 年齢 性別 所属政党 新旧
1 中山 てつし 3,411票 52
2 矢野 孝一 3,107票 61
3 平田 としはる 840票 66

⇒大刀洗町長選挙2020の日程と情勢予想!立候補者の経歴と公約・政策まとめ

大刀洗町長選挙2020の立候補者の経歴(公約・政策)

 

中山 哲志(ナカヤマ テツシ)氏

【年齢】52
【出生地】-
【学歴】筑波大学→九州大大学院
【前職】元副町長
【所属政党】無所属
【公約・政策】
「町政の継承・発展」
「大刀洗ほど可能性のある町はない。
町民と共にまちづくりする」と熱弁。
1.財政健全化
2.子育て環境の充実

平田 利治(ヒラタ トシハル)氏

【年齢】66
【出生地】-
【学歴】福岡大学卒業
【前職】元町議(2期)
【所属政党】無所属
【公約・政策】
「あなたと共にまっとうな政治」
「無駄をなくし、子どもに優しいまちづくり」

1.リサイクルを徹底しごみ処理費を減らす
2.退職教員による課外授業
3.農業振興地域の見直しによる企業誘致

矢野 孝一(ヤノ コウイチ)氏

【年齢】61
【出生地】福岡県大刀洗町
【学歴】佐賀大学卒業
【前職】元町地域振興課長
【所属政党】無所属
【公約・政策】
「葬祭場建設や海外事業など現町政に疑問がある。
笑顔で健康、活力ある町づくりをする」と熱弁。

「国や県の補助事業に十分取り組めていない側面がある。
災害時に町民を守るのは職員。適切な人員確保を」
と公約に掲げている。

大刀洗町長選挙2020の情勢と争点

大刀洗町長選が選挙戦となるのは
実に12年ぶりです。

今回の選挙の争点は、
大刀洗町への定住促進や
防災に向けた取り組み、
産業振興などとなっている。