市長選挙

鹿児島市長選挙2020の立候補者の情勢予想と公約・経歴|日程、投開票11月29日

告示日、2020年11月22日(日)、
投票日、2020年11月29日(日)の日程で
鹿児島市長選挙2020(鹿児島県)が行われます。

任期満了に伴う市長選挙で、候補者は4人。

全員が無所属の新人で、
元県議の下鶴隆央氏、元副市長の松永範芳氏
元鹿児島市議の上門秀彦氏、共産党で元市議の桂田美智子氏
4人での選挙戦となりました。

鹿児島市長選挙2020立候補者の経歴や公約(マニュフェスト)、政策
選挙情勢、予想などまとめました。

鹿児島市長選挙2020概要(日程・投票所)

告示日 2020年11月22日
投票日 2020年11月29日
投票率 - %
前回投票率 - %

投票日:2020年11月29日
■有権者数(人):498,213(令和2年9月1日)
(男:227,137人 女:271,076人)
■執行理由:任期満了
■定数:1
■候補者数:4

◆結果が判明次第下段リンク先に追記します

⇒鹿児島市長選挙2020当選結果速報!投開票と立候補者の公約や情勢

鹿児島市長選挙2020の投票日時・投票所

【投票日時】
2020年(令和2年)11月29日(日)
午前7時~午後8時まで

【投票場所】

⇒投票所一覧はこちら

※投票所によって設置期間、投票の受付時間が違う場合があります。
投票日当日には、入場券に記載された投票所に行って投票してください。

・各投票所には消毒液が設置されています。
・投票所は換気し、記載台などはこまめに消毒を行います。
・定期的に投票所を換気します。
・選挙事務従事者及び立会人はマスクを着用します。
・発熱や風邪の症状等がある方は、開票会場への立ち入りを自粛してください。
・ソーシャルディスタンスを徹底し、周りの人と距離を保つように促します。
・従事者が密集しないように努めます。
・投票に来られる時は、マスク着用、咳エチケットの実施をお願いします。
・帰宅後は手洗い・うがい等の感染対策を実施して下さい。

鹿児島市長選挙2020年の期日前投票期間

■投票期間
2020年(令和2年)11月23日(月)~11月28日(土)
■投票時間
8時30分~20時00分まで
■期日前投票場所

⇒期日前投票所一覧はこちら

※これらの施設で投票できる期間と時間については異なる場合があります。
送付される投票所入場整理券などでご確認下さい。

鹿児島市長選挙2020の立候補者の経歴(プロフィール)、公約・政策

No 氏名 年齢 性別 新旧
1 下鶴 隆央
シモヅル タカオ
40
2 松永 のりよし
マツナガ ノリヨシ
62
3 うえかど 秀彦
ウエカド ヒデヒコ
66
4 桂田 美智子
カツラダ ミチコ
67

 

■経歴(プロフィール)

下鶴 隆央(シモヅル タカオ)氏

【生年月日】1980年4月
【出生地】鹿児島県鹿児島市
【学歴】
東京大学法学部卒業
東京大学公共政策大学院
【前職】元鹿児島県議
【所属政党】無所属
【推薦】無

【公約・政策】
「鹿児島市の外から人やお金を呼び込める新たな産業をつくり
稼げる仕事をつくっていく必要がある」

1.新型コロナ対策の財源に充てるため、自らの給与を50%カット
2.競争力を持てるICT関連産業の振興に取り組む
3.雇用創出の受け皿づくりのため起業支援
4.保育所等待機児童ゼロにするとともに、地域における相談体制の拡充
5.康診断受診率を向上させ、疾病予防・介護予防の促進
6.官民連携プラットフォーム」(仮称)を設置し、広く民間の知見を募るしくみ作り

松永 のりよし(マツナガ ノリヨシ)氏

【生年月日】1957年11月29日
【出生地】鹿児島県鹿児島市
【学歴】 鹿児島大学法文学部卒業
【前職】元副市長、鹿児島市役所
【所属政党】無所属
【推薦】無

【公約・政策】
「もっと市長として前に進んで市民のみなさんに納得してもらえるような市政」

1.感染症対策の強化と社会経済活動との両立の推進
2.PCR検査体制と感染症対応力の充実・強化
3.民間事業者と連携したマッチングなど事業承継を支援
4.新規創業者等の育成・支援に取り組み、雇用の創出を図る
5.テレワークなど柔軟な働き方に取り組む事業者等を支援
6.地域の特色を生かした農林水産業の振興
7.Wifi環境の整備など外国人観光客の受入体制をさらに充実
8.鹿児島中央駅・天文館・鹿児島駅周辺における再開発の取組を支援
9.パートナーシップ宣誓制度を来年4月に導入し性的少数者を支援

上門 秀彦(ウエカド ヒデヒコ)氏

【生年月日】1954年9月22日
【出生地】鹿児島県鹿児島市
【学歴】中央大学法学部 卒業
【前職】元鹿児島市議
【所属政党】自由民主党
【推薦】自民党鹿児島市支部

【公約・政策】
「費用対効果を求めながら市政を前に進めていくことがまず肝要」

1.県や医療機関と連携し必要な医療体制・医療資材を確保する
2.鹿児島本港区、中央駅西口地区の開発推進
3.少子高齢化に対応するコンパクトなまちづくり
4.児童相談所の早急な整備
5.女性が安心して働けて、活躍できる雇用の場の確保
6.婚活支援、不妊治療の充実
7.危機管理体制の充実と防災力の向上

桂田 美智子(カツラダ ミチコ)氏

【生年月日】1953年
【出生地】鹿児島県鹿児島市
【学歴】鹿児島女子高校卒業
【前職】元鹿児島市議、旧吉田町議
【所属政党】日本共産党
【推薦】市民の市政をつくる会

【公約・政策】
「新型コロナウイルスに対する市民の不安払拭(ふっしょく)に努めたい。
密を避ける少人数学級の導入など、女性目線のあったか市政を目指す」

1.老朽化した小学校の改築
2.即時原発ゼロ
3.川内原発の増設・再稼働もやめる

鹿児島市長選挙2020の争点や情勢